国際保健医療学 第2版
「国際保健医療学 第2版」表紙
 著者 日本国際保健医療学会 編
 判型・頁 B5/320頁
 定価 4,104円 (本体価格: 3,800円)
 発行日 2005/05/25
 ISBN 978-4-7644-0527-1
国際保健医療学 第2版

 本書は,国際保健医療の全体像から将来への課題,必須な基礎知識,感染症対策,世界各国の現状など,各項目はできうる限り最新の情報に更新し解説しました.
 「国際保健医療」は広範な領域のため,基本用語,参考図書,WEBサイト,関連学術団体の案内を掲載しました.

戻るへ 
目次
序  論
1 国際保健医療学とは
 国際保健医療学の定義/健康の水準や保健医療サービスの状況を示す適切な指標/
健康の水準や保健医療サービスにどの程度の格差があれば,受け入れがたい格差
と考えるか/受け入れがたい格差の生じた原因の解明/格差を少なくする手段の開
発/人の一生と保健医療面での国際格差
2 歴史的展開<
 アルマ・アタへの道/アルマ・アタ以降<
3 現代的課題<
 国際保健医療の目指すもの/現状をどう捉えるか/厚生経済学の流れ/開発と開発
教育/エンパワメント理論/世界保健政策/国際保健医療協力/国際保健医療学・
熱帯医学の新しいパラダイム
4 将来に向けて
 国際保健医療学の使命を問い直す/新たな問題が起きて,それに対応すること/新
たな役割を認識すること/政治経済に対応すること/記述的疫学の重要性/これか
らの国際保健医療学を支える3点セット
第I部 国際保健医療学にかかわる領域
1 開発経済学と国際保健
「開発」とは/開発経済の源流とその歴史/3.「開発経済学」とは/「開発経済学」
が目指すもの/「開発経済学」が「国際保健」に果たす役割/開発経済学で用いら
れる開発指標と不平等な所得分布を表すもの/国際保健のレベル向上に向けて開発
経済学をいかに利用すべきか
2 途上国の環境問題
途上国の環境問題/大気汚染/水質汚濁/分析化学・環境試料・環境観察/地球化学/
生態学/生物分類学/環境社会学
3 教 育
教育と近代化/途上国の教育の課題/教育協力の国際的な動向/今後の国際教育協力
4 ジェンダー
ジェンダーとは何か/ジェンダーと健康/女性の人権確立への国際的な動き/開発
と女性/開発とジェンダー/ジェンダー指標
5 医療経済
医療経済学とは/公平と効率/国際保健と医療経済/途上国の保健医療のファイナ
ンシング/HIV/AIDSのファイナンシング問題/医療経済評価/経済発展と国民の
健康水準
6 疫 学
疫学とは/疫学で何ができるか/疫学調査法の2型/疫学調査計画の際の注意点/感
染症の疫学の特徴
7 医療人類学
医療人類学とは何か/方法論/国際保健における医療人類学の意義/今後の課題
8 旅行医学
旅行医学とは/海外渡航中の健康リスク/短期旅行者の疾病対策/感染症対策/長期
滞在者の疾病対策/海外での医療機関の受診/トラベルクリニックの必要性
9 在日外国人の保健医療
在日外国人人口の推移/多民族化する日本人/在日外国人の死亡動向と健康課題/
在日外国人の保健医療
10 プロジェクト・マネジメント
プロジェクトの立案から終了まで/プロジェクト・サイクル・マネジメント/プロ
ジェクト評価/プロジェクト活動の実際
11 保健医療統計
保健医療統計の活用/人口統計/疾病統計と疾病分類/IFC/HMIS/ITの進歩とHMIS/
GBDとDALYs
第II部 保健医療問題の格差改善への取り組み
1 途上国のヘルスシステム
ヘルスシステムの定義と目的/ヘルスシステムの構造と構成要素/途上国のヘルス
システムの実態/途上国におけるヘルスセクターリフォーム/途上国のヘルスシス
テムが直面する主要課題
2 国際協力の担い手
二国間援助・政府開発援助/国連機関/NGO/もっとも重要な担い手
3 人材育成
途上国からの研修員/日本人国際保健人材の育成
4 プライマリ・ヘルスケア
PHCの誕生/PHCの基本/PHCへの懸念/健康の経済性とPHC/日本のPHCと国際
協力
5 ヘルスプロモーション
ラロンド報告/健康教育からヘルスプロモーションへ/オタワ憲章/オタワ憲章以
後のWHO世界ヘルスプロモーション会議/途上国におけるヘルスプロモーション/
PRECED-PROCEEDモデル
6 人権と倫理
国家による人権侵害/人権(健康権)への挑戦/戦争による健康権の侵害/人間を
殺戮する技術
7 研究倫理
研究倫理の原則/研究倫理の審査/研究倫理は万国共通か/研究倫理の共有
8 人口と家族計画
人口爆発/人口移動/都市化/高齢化/HIV/AIDSの人口への影響/人口と環境/人
口政策/家族計画
9 リプロダクティブヘルス
歴史と定義/家族計画/妊産婦死亡と安全な出産/STIおよびHIV/AIDS/思春期の
リプロダクティブヘルス/主要援助機関および日本政府の支援/ケース・スタディー
10 栄 養
生存,それにはまず水と食糧/食糧や栄養の問題と休養,運動などを含めた生活習
慣と健康問題/栄養転換と都市部の人々の問題/低栄養の問題と農村部の人々/乳
幼児の栄養問題
11 メンタルへルス
メンタルへルスに関する世界的な関心の増加/主要なメンタルヘルスの問題/世界
におけるメンタルへルスサービスの動向
12 労働衛生
労働衛生問題へのアプローチ/職業に起因する健康リスク/ワイズ方式自主対応参
加型トレーニングとその広がり/ILO国際労働基準と技術協力
13 外傷と事故
途上国の主要な死亡原因としての外傷/交通外傷/経済格差と外傷リスク/外傷予
防/今後の展望
14 口腔保健
口腔保健における較差/口腔保健とヘルスプロモーション
15 たばこ対策
喫煙の健康への影響/喫煙による経済的な損失/世界の喫煙状況/たばこの栽培,
製品の製造と消費/喫煙対策/世界的な喫煙対策への取り組み/国際保健医療学の
立場からみた日本の喫煙対策
16 必須医薬品
必須医薬品とは/WHOモデルリストとNEML/ジェネリック医薬品/医薬品へのア
クセス向上と適正使用/治療指針,処方集,国家医薬品政策/必須医薬品をとりま
くその他の問題
17 難民保健
さまざまな避難民の実態/人道援助の変遷/避難民援助の要点/人道援助の限界
18 伝統医療
メディカル・プルーラリズムの実際/伝統医療と世界観
第III部 感染症・寄生虫疾患とその対策
1 小児の感染症
国際保健医療における小児感染症/ARI/ARI対策/肺炎球菌とインフルエンザ菌/
下痢症と経口補液療法/感染性下痢症/IMCI/小児における感染症対策
2 エイズ
エイズの発生と歴史/感染経路と予防/エイズの臨床・発症機序とケア・治療/世
界のエイズ流行の現状/エイズ対策と国際協力
3 結 核
疫 学/効果的結核対策/今後の課題
4 マラリア
マラリア対策の始動/マラリア撲滅から制圧へ/再興感染症としてのマラリア/マ
ラリアによる経済的損失/マラリアサミット/橋本イニシアチブ/ロールバックマ
ラリア/薬剤・ワクチン開発研究
5 拡大予防接種計画
予防接種のはじまり/天然痘の根絶/EPI/ポリオ根絶活動/麻疹掃滅活動
6 エピデミックとなる感染症
インフルエンザ/コレラ/越境する感染症への国際取り組み
7 制圧が近い感染症
ポリオ/ハンセン病/メジナ虫病/オンコセルカ症/フィラリア症/シャガス病/そ
の他の感染症
第IV部 国際保健医療の現状と課題
1 中 国
概況/保健医療の現状/保健医療の課題
2 ベトナム
概況/保健医療の現状/保健医療の課題
3 インドネシア
概況/保健医療の現状/保健医療の課題
4 バングラデシュ
概況/保健医療の現状/保健医療の課題
5 ネパール
概況/保健医療の現状
6 アフガニスタン
概況/保健医療の現状/保健医療の課題
7 パプアニューギニア
概況/保健医療の現状/保健医療の課題
8 セネガル
概況/保健医療の現状/保健医療の課題
9 ケニア
概況/保健医療の現状/保健医療の課題
10 ザンビア
概況/保健医療の現状/保健医療の課題
11 ブラジル
概況/保健医療の現状/保健医療の課題
12 ニカラグア
概況/保健医療の現状/保健医療の課題
資 料
参考図書/国際保健医療に役立つWEBサイト
戻るへ