野外教育入門シリーズ第2巻 野外教育における安全管理と安全学習
「野外教育入門シリーズ第2巻 野外教育における安全管理と安全学習」表紙
 著者 星野敏男・金子和正 監修  自然体験活動研究会 編 (布目靖則責任編集)
 判型・頁 A5/208頁
 定価 2,160円 (本体価格: 2,000円)
 発行日 2011/07/30
 ISBN 978-4-7644-1582-9
野外教育入門シリーズ第2巻
野外教育における安全管理と安全学習
―つくる安全,まなぶ安全―

 野外教育入門シリーズ第2弾! “野外教育”における安全について,「管理」と「教育」の両面から詳述しています.
 野外教育には,クライミングやダイビングなどのように,手順を1つでも間違えると致命傷を招きかねない高度の危険が潜在する活動(ハイリスク・スポーツ)も含まれています.しかし,活動にどのような危険が潜んでいるにせよ,事前に正しい知識や技術を習得し,必要な装備を準備し,心身のコンディションを整え,状況を見極めた上で,実力に見合った適正レベルでの行動をとることによって危険要因をコントロールし,事故の発生率を限りなくゼロに近づけることが可能です.
 第1章から第4章には,指導者がどのような「安全管理〜つくる安全〜」をなすべきかについてのヒントが多分に盛り込まれています.さらに,第5章から第8章の「安全教育〜まなぶ安全〜」では,学習者が安全についての知識や技術を習得するとともに,安全意識そのものを自ら高め,主体的かつ能動的に安全行動に取り組もうとする態度を育成することを目的としています.


ご注戻るへ 
目次
第1章 アウトドアに潜む危険
第2章 リスクマネジメント
第3章 プログラムマネジメント
第4章 指導者と組織
第5章 安全教育
第6章 野外活動時における緊急時の対応
第7章 事故の法的責任
第8章 判例から学ぶ
戻るへ