株式会社 杏林書院


アマゾンで検索
子どもと発育発達 第11巻 第3号
「子どもと発育発達 第11巻 第3号」表紙
 特集内容 発達障害と運動支援の可能性
 巻数 第11巻
 号数 第3号(2013年10月)
 定価(税込み) 1,836円

ご注文 戻るへ 

内容

特集 発達障害と運動支援の可能性


子どもの行動障害

鈴木  太(名古屋大学医学部附属病院親と子どもの心療科助教)

尾崎 紀夫(名古屋大学医学部附属病院親と子どもの心療科教授)


発育期の環境ストレスは行動障害を引き起こすが,豊かな環境は障害を防ぐ

鍋島 俊隆(名城大学薬学部地域医療薬局学講座特任教授)

松本友里恵(名城大学薬学部地域医療薬局学講座)


軽運動で改善する発達障害モデル

中野 裕史(中村学園大学教育学部准教授)


子育ち環境が学童期の心身に及ぼす影響

 ―コホート研究からみたエンパワメントの必要性―

安梅 勅江(筑波大学医学医療系教授)


自閉症スペクトラム障害のある子どもへの運動発達支援

澤江 幸則(筑波大学体育系准教授)

藤井 彩乃(町田の丘学園)


発達性協調運動障害(DCD)と運動指導

七木田敦(広島大学大学院教育学研究科附属幼年教育研究施設教授)


連載 幼少年体育指導士講座理論編 19

仲良く遊びたい子ども〜社会性の発達を支える〜

長谷部比呂美(淑徳短期大学教授)


連載 幼少年体育指導士講座実践編 15

跳ぶ〜リズミカルに〜

佐々木玲子(慶應義塾大学体育研究所教授)


連載 医学の眼 44

猛暑と熱中症

鳥居  俊(早稲田大学スポーツ科学学術院准教授)


連載 遊びの世界 19

ドリルできる子どもの運動遊び環境

松田 繁樹(岐阜聖徳学園大学短期大学部准教授)


連載 子どもの歯と発育 19

小児科医から診た子どもの口腔機能の重要性

前川 喜平(老人保健施設 衣笠ろうけん施設長)


連載 子どものちから 47

子どもの力〜アメリカで自閉症児を育てる〜

久保 由美(スペクトラムビジョンズ・グローバル株式会社代表取締役社長)


ページトップへ 

 〒113-0034 東京都文京区湯島4-2-1
 株式会社 杏林書院
TEL: 03-3811-4887 / FAX: 03-3811-9148
個人情報について | 採用について
本ホームページに掲載されている画像,文章の著作権等は杏林書院が保有します。  Copyright(C)1999-2010 KYORIN-SHOIN, All Rights Reserved.