体育の科学 65巻 11月号
「体育の科学 65巻 11月号」表紙
 特集内容 対象特性に応じたたんぱく質・アミノ酸の摂取
 巻数 65巻
 号数 11月号
 定価(税込み) 1,134円

ご注戻るへ 

内容

特集 対象特性に応じたたんぱく質・アミノ酸の摂取


たんぱく質・アミノ酸の適切な摂取量の考え方

田中茂穂(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所 基礎栄養研究部部長)


たんぱく質必要量の考え方

木戸 康博((京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授)


アスリートにおけるたんぱく質摂取のあり方

岡村 浩嗣(大阪体育大学大学院スポーツ科学研究科教授)


運動パフォーマンス向上につながるアミノ酸摂取

下村 吉治(名古屋大学大学院生命農学研究科教授)


高たんぱく食のエビデンス

能登  洋(聖路加国際病院内分泌代謝科医長,東京医科歯科大学医学部臨床教授)


中高年におけるたんぱく質摂取の実態

大塚  礼(国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センターNILS-LSA活用研究室室長)

加藤 友紀(愛知淑徳大学健康医療科学部准教授,国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センターNILS-LSA活用研究室客員研究員)


介護予防に有用な食生活手段

熊谷  修(人間総合科学大学人間科学部健康栄養学科教授)


加齢に伴う筋量・筋機能維持に有効なアミノ酸摂取

藤田  聡(立命館大学スポーツ健康科学部教授)



連載 体育科学研究のピットフォールと疫学的研究手法― 6

疫学的研究手法の活用

澤田  亨(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所健康増進研究部室長)


連載 概日時計研究を健康に活かす― 1

体内時計とは

田原  優(早稲田大学高等研究所助教)


論壇

超高齢社会がもたらす2つのジレンマ

宮下 充正(東京大学名誉教授,首都医校校長)



学会リポート

日本体育学会第66回大会傍聴記

 —運動生理学分野を中心として—

大庭 尚子(日本女子体育大学附属基礎体力研究所技術職員,東京大学大学院総合文化研究科博士課程)


日本体育学会第66回大会傍聴記

 —バイオメカニクス領域を中心として—

柏木  悠(日本体育大学大学院トレーニング科学系助教)


ページトップへ